骨盤をキュッ!と整える。産後骨盤矯正

あと1名様

産後の女性の体は特有の変化が起こっています。

出産時には骨盤は、交通事故にあった時と同じ(それ以上)の衝撃を受けると言われています。

その状態で家事や赤ちゃんのお世話をすることで体に様々なトラブルが起こってきます。

産後のケアは専門の知識と技術を持った施術を受けないと、トラブルは解消しません。

必ず専門院で施術を受ける事が重要になります。

産前産後の女性の骨盤はホルモンの影響でゆるゆるの状態です。

ゆるゆるの骨盤は歪みやすく、授乳や長時間の抱っこなどによる悪い姿勢によって

産後はどんどん歪んでいきます。

骨盤は身体の土台なので、骨盤が歪むと様々な痛みの原因につながります。

産後の下半身太りの原因は

骨盤が開くのではなく、骨盤の捩れが原因です!

股関節の捩れが起こると太ももの骨(大転子)が太ももの外側に出っ張り

ズボンが入りづらくなります。

さらに太ももの筋肉がガチガチに硬くなり、

太ももが太くなります。

妊娠中に赤ちゃんの成長によりお腹が広がることで

「肋骨が広がり」

産後、開いたママの状態でいるママさんが多いです!

肋骨が開いたママの状態でいると

体にメリハリがなくなり、

寸胴体型になります。

また、呼吸が浅くなり腹式呼吸が弱くなるので

肩こりや自律神経の乱れから疲れやすい体にも

なってしまいます

肋骨と同様に、妊娠してお腹が広がることで腹筋が

外側に引っ張られ

腹筋の真ん中が裂けてしまします。(これが腹直筋離開)

が起きています。(産後の8割以上の女性に起こっています)

この状態が続くと

ぽっこりお腹や腰痛を引き起こします。

腹直筋離開は自然治癒はかなり難しく、

専門院でのケアが必ず必要になります。

スタッフ

セラピスト 近田 洋子

  • パーソナルリンパケアリスト
  • エステティシャン
  • 化粧品検定資格

私は7人の子供のママとして育児に歩奮闘中です。

妊娠、出産を経験して私自身も「産後太り」

「産後の痛み」に悩まされました。

私自身も妊娠・出産を通して、産後ケアの重要性を感じています。

産後の女性の体は多くの変化が起こっています。

赤ちゃんのお世話などで、なかなか自分自身に

目を向ける機会がないママたちが多いですが、

赤ちゃんの為にもしっかり体を整えてほしいと思っています。

お子様が泣いてもママが気兼ねなく通えて

リフレッシュできる環境をご用意しております。

産後のトラブルは当院にご相談ください。

院長 近田智明

・国家資格 柔道整復師

・産前産後ケア専門マイスター協会理事

・化粧品検定資格

・ダイエットインストラクター

こちらのページを見て頂きありがとうございます。

院長の近田 智明です。

ママの笑顔は家族の笑顔

をモットーにしております。

現在、5男2女を我が子に持ち、

忙しく毎日を過ごしています。

出産を終えたママさんが

笑顔で育児に

励まれる様に。また

妊娠前よりも美しく

なれるように全力でサポート致します!

皆様のご来院を心からお待ちしております。

pagetop